敬老の日の意味について

subpage1

現在、日本では急速に高齢化社会が進んでおりその対策に政府は力をいれています。

敬老の日の基本知識を紹介しています。

高齢化が進むと経済成長や社会保障制度に大きな問題が発生し、労働力人口の減少などにより経済の鈍化が指摘され、また、お年寄りの増加に伴う医療や介護などの社会保障のバランスがいびつになり崩壊する懸念が起きています。このようなネガティブな問題を抱えておりますが、誰でも平等に年齢を重ね、男女とも順番に高齢者になるのは避けられない運命です。



現在の高齢者は、今の私達の大先輩であり昭和時代の高度経済成長を支えてこられた方々であるからこそ、今の繁栄した日本があることを私達はこの敬老の日を間近にしてよく考えなければならないといけません。



何時の時代でも人間の心の本質は決して変わるものではありません。
いつどこで誰に対しても優しく手を差し伸べる当たり前の社会が訪れるように、私達は敬老に日を前にして心を新たにしたいものです。

敬老の日は、多年のわたり社会に尽力してきた人達を敬愛し長寿を祝う、という趣旨で定められた日です。
お年寄りを敬い元気で長生きしてもらい、誰もが幸せに暮らせる社会を目指そうとする考え方は日本国民の共通意識です。
日本国民の祝日である敬老に日は、毎年9月の第3月曜日と定められましたが、平成14年までは毎年9月15日が敬老の日としていて平成15年から現行の制度になり、特に若い方などは敬老に日が変わった認識などあまりないと思います。

敬老の日の知っておきたい情報

subpage2

「敬老の日」とは何かと申し上げますと諸説あるのですが、歴史上の由来としては聖徳太子の時代までさかのぼるほど昔から伝わるものになります。聖徳太子が老人や病人向けのために「悲田院」という施設を作った日が今日、敬老の日になったという説や元正天皇が「老いを養う若返りの水」と呼ばれ、その滝の流れに触れると若返るまたは痛みなどが取れるという養老の滝に行幸した日などの説があります。...

more

敬老の日の常識

subpage3

敬老の日はその字のとおり、「お年寄りを大切にししよう」という意味が込められている国民の祝日のことです。聖徳太子が大阪の四天王寺に、病気の人や貧しい人々を救うための施設(悲田院)を設立したことに由来して、同じ日である9月15日に制定されたことが由来です。...

more

知りたい敬老の日事情

subpage4

離れて生活をしている祖父母に、敬老の日のギフトを贈りたい人が増えています。現在は男女共に60歳を超えていても、外見が若々しい人が増えているので、スポーツ用品や化粧品、美顔器、衣類、バッグなどがお勧めです。...

more

敬老の日のおすすめ情報

subpage5

敬老の日にお年寄りのお祝いのプレゼントをする方は多いのですが、マナーを守ってお祝いしたいものです。敬老の日は一般的にお祝いをする年齢が60歳以上の方が目安となるようです。...

more