敬老の日の由来について

subpage1

「敬老の日」とは何かと申し上げますと諸説あるのですが、歴史上の由来としては聖徳太子の時代までさかのぼるほど昔から伝わるものになります。

敬老の日情報の差に驚きました。

聖徳太子が老人や病人向けのために「悲田院」という施設を作った日が今日、敬老の日になったという説や元正天皇が「老いを養う若返りの水」と呼ばれ、その滝の流れに触れると若返るまたは痛みなどが取れるという養老の滝に行幸した日などの説があります。



祝日としての敬老の日が誕生するきっかけとなったのは昭和22年に、兵庫県多可郡野間谷村(現在は多可町)で行われた敬老会で戦争に子供を送り出し、精神的に疲労していた親の想いに報いるために9月月15日を「としよりの日」として敬老会を催すことにしたのが始まりと言われ、この9月15日という日程は農閑期であることや気候が良いことに加え、先ほどご紹介した養老の滝の伝説に基づいたものだそうです。
その取り組みは村から広がり県へ、県から国へと広がり昭和41年に国民の祝日に関する法律が改正され9月15日が「敬老の日」と定められ、敬老の日は「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」ことを趣旨としています。


平成15年にハッピーマンデー制度という国民の祝日の一部を従来固定されていた日にちから、特定週の月曜日に移動させカレンダー上連休にさせる制度の実施に伴い国民の祝日に関する法律が改正され、現在の9月の第3月曜日に変更になり、お年寄りに感謝をする日となりました。