敬老の日に贈るお祝いの注意点

subpage1

敬老の日にお年寄りのお祝いのプレゼントをする方は多いのですが、マナーを守ってお祝いしたいものです。敬老の日は一般的にお祝いをする年齢が60歳以上の方が目安となるようです。


あまり若い方を対象としてしまうとかえって失礼になりかねません。

敬老の日の評判が高いです。

配慮が必要です。とはいえ、60に満たない方であってもお孫さんがいらっしゃる方でしたらお孫さんからのお祝いとなれば嬉しくないはずがありません相手のことを知ったうえでお祝いしなければなりません。



プレゼントする際も「死」を連想させるものや、「縁起が悪い」といわれるものは避けなければなりません。
また、明らかに高齢者を対象にしたことのわかるプレゼントですと、「年寄扱いされた」ことに気分を害される方もいらっしゃいますので相手の気質も知っておくべきです。

寝具やパジャマなども寝たきりを連想させるので避けるべきアイテムです。


相手が御病気の場合は「根付く」→「寝つく」=「寝たきり」を連想させるので盆栽や木の苗も嫌がられています。


花が落ちる植物も首が落ちる連想をさせるので避けるべきで、縁起が良いと一般に思われている菊も仏壇に添えられることが多いのでふさわしくありません。



高齢者に好まれそうなお茶も香典返しに使われることが多いことから不吉に思われてしまいます。文具は勤勉の意味合いがあることからふさわしくありません。
肌着や靴、靴下も下に着用するものですので敬老の日に目上の方に贈る品として不適切です。