敬老の日について紹介

subpage1

敬老の日はその字のとおり、「お年寄りを大切にししよう」という意味が込められている国民の祝日のことです。

聖徳太子が大阪の四天王寺に、病気の人や貧しい人々を救うための施設(悲田院)を設立したことに由来して、同じ日である9月15日に制定されたことが由来です。

敬老の日についての情報をまとめたサイトです。

最初は「としよりの日」という名称で全国に広がっていき、「老人の日」と名称変更されたのち1966年に国民の祝日として「敬老の日」が定着していったのです。



最近ではハッピーマンデー制度という、月の中頃にある休みを月曜にずらして三連休にするという制度があるため現在は敬老の日である15日から月曜にずらすようになっています。

なぜお年寄りを敬うかというと、長年色々な形で社会に貢献した年長者を大切にすることや長寿を祝うことが理由です。孫から祖父母へ感謝のお礼を伝えたり、成人した息子娘から親に感謝を伝えたり贈り物をするきっかけとして店舗では様々なキャンペーンなども展開しています。



何歳から、という明確な定義は無くプレゼントも贈ったり贈られたりするのは個人の自由に行っています。


お年寄りに何かを伝えたりするきっかけとして、活用できたらという狙いがあるようです。幼稚園や小学校などでは、敬老の日にちなんだレクリエーションを実施しているところもあって、祖父母に絵や手紙を贈ることを企画したりプレゼントを作ったりすることで交流のきっかけを提供しているところもあるようです。